未来の車

未来の車の機能に期待するもの、無人の自動回送

更新日:




未来の車の機能に期待してもよいのならば、自動回送してくれる車が欲しい。

山から山へとトレイルランニングする時、複数人・複数台で行くのなら、
最初に2台でA地点に行って1台をデポして、
もう1台に乗り合わせてB地点で降り、
B地点からA地点へとトレイルランニングすればいい。

それが単独走だとどうだ。
A地点からB地点へ走ると、帰りはその真逆のB地点からA地点へ走るしかない。

ただね、どうしても同じ道を往復するのは同じ景色・道だから、つまらない。
そこはどうしても妥協できないポイントなんだ、トレイルランナーにとっては。

未来の車


だから未来の車に自動運転機能が発達すれば、
指定したB地点に車だけで自走して欲しい。

B地点の指定駐車位置にぴたっと止まるのは難しいのだろうが、
大なり小なり難はあっても、 未来の車には
とにかくB地点付近に車が一人で移動して駐車していて欲しいのだ。

未来の車には、自動回送ができる機能があるといいな。

運転手なしでA地点からB地点までどうやって走るのか。
B地点では何を目印に、どんな場所に駐車すれば安全なのか。
それが僕にとっての未来の車

問題は山積だろうが、きっといつの日か、未来の車は自動回送機能を叶えてくれる。
願えばいつか叶う法則にすがるように、イメージだけの遠い夢に想いを馳せる僕さ。







Copyright© あなたのメモになりたい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.